無料査定はこちらから

買取と仲介の違い

買取と仲介の違い

  • HOME
  • 買取と仲介の違い
  

買取と仲介の違い

  

買取と仲介の違い

不動産買取と仲介の違いはなんですか?

「仲介」とは、不動産会社が売主に代わって売却物件を広告し、購入希望者とマッチングさせること方式のことです。売却者と購入者が売買契約を行い、不動産会社はその仲介として立会い、売買契約書の作成等を行います。

不動産はが売りに出されたからといって、すぐにその物件の購入希望者が見つかるわけではありません。
場合によっては、売却完了までに数ヶ月から1年という期間がかかってしまうこともあります。
「買取」は、仲介のように買いたい人という人が現れるまで待つ方法ではなく、不動産会社が直接、売却希望者から買い取る方法です。
そのため、お互いの買取価格の調整さえつけば、すぐ売却ができます。
また、「買取」は「仲介」とは違って、仲介手数料(物件価格の3%程度)は発生しません。
不動産会社に売却した物件は、買取会社が必要に応じてリフォーム等を施し、第三者に販売します。

不動産買取の3つメリットとは?
1.即時に売却可能!

大興不動産では最短一週間で即金買取ができる体制をとっています。
また、住み替えなどの場合にも、引越し・引渡し時期に合わせた買取日の設定も可能になっております。
売れるか、売れないかの不安な中で売却することがなくなり、計画的な不動産売却が可能になります。

2.近所に知られることなく売却できる

仲介形式での売却の場合、どうしても買い手にむけてチラシやホームページなどで広告を出さなければなりません。
近所に住む人に売却することが分かると何かと居づらくなってしまうケースが多いようです。
買取形式の場合、不動産会社が買い取るために事前の広告などは一切行いません。近所に知られることなく売却が可能となります。

3.瑕疵担保責任などアフターフォローが必要なし

大興不動産では、お客様にから不動産売却いただいた後、面倒なアフターフォローや、保証・瑕疵担保責任をすべて引き受けております。
もし、建物に故障・破損等が見つかった場合でも、お客様から費用をいただくことはありませんのでご安心下さい。

買取と仲介の流れの違い!
買取と仲介の流れの違い!
不動産の買取査定はこちら
不動産の買い取り査定相談は
今すぐメールで査定依頼
不動産の買取査定はこちら
タップでお電話がすぐできます!0985227777 今すぐメールで査定依頼
宮崎市内の不動産買取を対応
対応マップ